ホーム > フィールド一覧 > 新木場フィールド > 【新木場店】ドットサイトとスコープどっちを選ぶ!?てるみんみんの雑多語り:光学照準器編その1

最近エアガンよりエアガンをドレスアップするための物を軍拡したくて
しょうがないてるみんです。

みなさんがエアガンにつけるであろうNo.1のオプションパーツ「光学照準器」について
まだ使ったこと無い方向けに2回に分けてご紹介したいと思います!

光学照準器ってなんぞや?

光学照準器なんて難しい名前をしていますが、サバゲーを始めたら一度は耳にしたことがあろうドットサイトやスコープのことになります。


アイアンサイト(銃に元から付いてる照準器)で狙う場合、青い点2か所を通して狙いを定めないといけないのに対して、光学照準器を搭載した場合はレンズ内に写ってるレティクル1点で狙う事ができるので、非常に狙いやすくなります。
初めて光学機器を買いたいのだけど、どんなものを買えば良いのかわからない・・・。
そういうお悩みの解決策の一つとして読んで頂ければ幸いです。

ドットサイトとスコープの違いは?

ドットサイトとスコープという言葉は何となく使い分けられているけど、そもそも何が違うの?
と疑問に持ったことがありますか?僕はそんなこと今まで全然意識したことがないです!!!
変なL字が横を向いたやつがドットサイト、筒を覗き込むのがスコープ!ぐらいの認識サバゲー始めて2年目くらいまで持っていました。
あながち間違ってはないんですが(笑)これでは他の人に説明できないですよね・・・。
その違いはズバリ!!!倍率にあります!(一部例外を除く)
ドットサイトが等倍率(1倍率)でレンズに映るのに対して、
スコープは倍率がついてしっかり狙う用のものになります!

なので、サブマシンガンやハンドガンなど近距離想定で戦う武器ならドットサイト。
スナイパーライフルの様に遠距離で戦うことを想定するならスコープを載せる事が多いです。
アサルトライフルは状況に応じてどちらでも載せれる優れものです!
あくまで一般的なお話になるのでハンドガンにスコープは載せちゃいけないとか
スナイパーライフルにドットサイトはダメなんて全然ありませんのでご安心を!!

ドットサイト

ドットサイトはドットサイトという大きなカテゴリーから更に種類が分けられます。

写真の奥側①がオープンタイプのドットサイトになります。
値段が比較的安めの物を探そうとすると比較的こちらのオープンサイトが良く出てきます。
軽量な作りになってますので、オープンサイトを載せただけだとそこまで銃本体の重さに影響がありません!
またドットサイトを覗いた際、ドットサイトのレティクル以外の余計なものが視界に写り込まないため、
視野を広く保てます。
銃自体を重くしたくない方や、視野を狭くしたくないかたはオープンタイプが良いと思います!

先にも述べた通り、値段も比較的に安価なものが多くお試しに買ってみても良いと思います。
ただ、安価なタイプの物の中に、レティクルの光量が弱く屋外だと見えない!
となるものがたまにあるので
注意が必要です。
ASOBIBAのようなインドアなどで使うなら気にしなくても平気です!

そしてもう1つがチューブタイプのサイトです。
手前側②のように筒状でスコープを縮めた様な物になります。
オープンタイプと比べると重いため、銃全体も重く感じてしまうかもしれません。
しかし、筒状になっているため、筒を覗けばドットが見えるので狙いやすく初心者の方向けになっています。
また、アサルトライフルなど大きめの銃にドットサイトを搭載した時に、
チューブタイプの方が全体のシルエットがかっこよく見えるので、
僕はチューブタイプ推しです!!!!!!

スコープ

最後にスコープになります!
最初に述べた通りスコープは倍率があるものになるので、屋外向きの光学照準器になります。
倍率にも様々な種類があり、4倍固定であったり、3~9倍まで自分な好みの倍率に変えられる可変タイプとがあります。

スコープをインターネットで探そうとすると「3-9×40」なんていう数字をよく見かけますよね。
こちらの数字とても大事なので、スコープを購入される際は覚えておくと良い思います!
まず、「3-9」は想像通りの3倍から9倍まで倍率を変更できますよっていうマークになります。
屋外でなら十分な倍率になります。
インドアフィールドでもスコープを載せたいという方だと
この倍率では少々高倍率過ぎるので、「1-5」ぐらいの倍率の物を探してみて下さい!

そして、「40」という数字は、対物レンズの大きさを表しています。
レンズの大きさがスコープと何の関係があるの?と疑問に思うかもしれませんが
めちゃくちゃ重要になります!!!
スコープも光学照準器になるので光を利用した照準器になります。
ですので、レンズが大きい方が外からの光を集めやすく、スコープを覗いたとき、より鮮明に見えます!
実銃で遠距離で狙撃するスナイパーライフルならレンズの径が大きいのがオススメになりますが、
エアガンの場合、戦える最大の射程がだいたい普通は40mぐらいまでなのでそこまで気にしなくても平気です!

さいごに

ドットサイトとスコープについて簡単に説明しましたが、
何を買えば良いんだとなったら、
・予算
・使う場所(室内なのか屋外なのか)
・搭載する予定のエアガンの種類
この3点を考えて選んでみるのが良いと思います。
ちなみに安すぎるものを選ぶと、後日紹介するドットサイトの調整「ゼロイン」がしっかり
できない場合もあるのでご注意ください。

次回分は
【新木場店】ドットサイトの載せてみよう!てるみんみんの雑多語り:光学照準器編その2
から確認できます!

ではでは~~~~

 

↓↓ご予約はコチラのボタンを[PUSH]↓↓ 新木場予約ボタン

新木場店SNSアカウント

――― Twitter ―――

skitched-20140516-161836

――― 30days Album ―――

asobiba_photo_banner_half

――― Instagram ―――

――― LINE@ ―――

友だち追加数

新木場フィールド
〒136-0082
東京都江東区新木場1丁目2-17
11:00-22:00
(貸切、フリー参加戦時のみ営業)