ホーム > ASOBIBA lite > サバゲーってどんな遊び方があるの?【Part. 1】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サバゲーって敵を倒すだけのスポーツではないってご存知ですか?

ゲームの種類によっては1人も倒さずに勝利したり、少数対多数のゲームや、与えられた目的を達成する為に戦うゲームなどの様々な種類のゲームがあります。

今回はサバゲーのゲーム紹介のPart. 1という事で数種類のゲームを紹介します!

フラッグ戦

フラッグ戦とはお互いのチームの拠点にある、フラッグ(旗や笛、ベル等)を取り合うゲームです。フラッグ戦

2チーム(赤、黄色チーム)に分かれて、制限時間以内に相手の陣地に設置されているフラッグを取る事が勝利条件となります。サバゲーフィールドのフリー参加戦や定例会でよく行われるゲームですね。

殲滅戦

ルールはシンプル!相手のチームを全員倒せたら勝ち!!

殲滅戦

勝利するには時間制限内に相手チームを全滅が条件となります。もしもお互いのチームに生存者がいた場合は引き分け、又は生存者の人数が多いチームの勝ちになります。

センターフラッグ戦

フィールドの真ん中のフラッグを両チームで取り合うゲームです。

センターフラッグ線

どちらかのチームがセンターフラッグをGET出来たら、そのチームの勝利!

フラッグ目掛けて突撃したり、フラッグの近くで隠れて敵を仕留める等戦い方は様々!敵チームとの間合いを詰めないと、相手にフラッグを取られてしまうのでゲームの始めから緊迫したムードになる人気の高いゲームの1つです。

攻防戦

どちらかのチームがフラッグを敵から死守し、もう一方のチームがフラッグを取りに行くゲームです。

攻防戦

このゲームは両チームは攻守交替でゲームを行います。攻め側のチームの勝利条件は守り側チームの守っているフラッグを取る事です。守り側のチームは自軍のフラッグを死守する事です。

このゲームは攻め側のチームはルールによって無限に復活(自軍の拠点に戻って復活)出来たり数回まで復活が出来ますが、守り側のチームはHITされたらその場で退場となります。無限に復活出来ると守り側のチームには不利になってしまうので、守り側のチームはフルオート可能にする場合もあります。もしも両チームともフラッグが取れた場合は、攻め落とした時間が早いほうが勝利となります。

キツネ狩り戦

キツネ役の人とハンター役の人で分かれて行う殲滅ゲームです。

キツネ狩り

フィールド内に少数(参加者人数によって調整が必要)のキツネ役のプレイヤーが潜伏した状態でゲームがスタートします。ハンター役の人はキツネ役のプレイヤーを制限時間以内に倒す事がハンター側の勝利条件となります。キツネ役の人の勝利条件はタイムアップまで生き残る、又はハンター役のプレイヤーを殲滅する事です。このゲームはキツネ役の人には不利なゲームになるので、ハンター役の人に制限(弾数制限あり、セミオートのみ可、ハンドガンのみ等)をかけて遊ぶと楽しくプレイ出来ます。

この他にも色々なゲームの種類がありますのが、今回はここまで!

次回に続く…

あなたにオススメのフィールド情報