ホーム > フィールド一覧 > 【熱中症対策】水分と塩分補給で安全なサバゲーを!

いつもASOBIBAをご利用頂き、誠にありがとうございます!

コロナで騒がれている昨今ではございますが
夏場に注意することといえば熱中症ですね!

特に今年はマスクの着用が増えておりますので
今までとは違った注意が必要になります!
この暑い夏にもインドア、もしくは外でもサバイバルゲームを楽しむ皆様のお役に立てればと思います。

熱中症基礎知識

いつでもどこでもだれでも条件次第で熱中症にかかる危険性があります!
ここ数年では室内での熱中症で倒れる方も少なくありません。
平常時は体温が上がっても汗や皮膚温度が上昇することで体温が外へ逃げる仕組みとなっており、体温調節が自然と行われます。

しかし!!

体温の上昇と調整機能のバランスが崩れると、どんどん身体に熱が溜まってしまいます。
このような状態が熱中症です。

【熱中症を引き起こす条件】
「環境」「身体」「行動」によるものが考えられます。
「環境」の要因は、気温が高い、湿度が高い、風が弱いなどがあります。
「身体」の要因は、激しい労働や運動によって体内に著しい熱が生じたり
暑い環境に体が十分に対応できないことなどがあげられます。

【熱中症の症状】

  • めまいや顔のほてり
  • 筋肉痛や筋肉のけいれん
  • 体のだるさや吐き気
  • 汗のかきかたがおかしい
  • 体温が高い、皮ふの異常
  • 呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない
  • 水分補給ができない

【熱中症が疑われたら】

  • 涼しい場所へ移動
  • 水分・塩分を速やかに補給する
  • 体に水をかけたり、濡れタオルをあてて扇ぐ等体を冷やす
  • 太い血管のある脇の下、首、足の付け根、股の間を冷やす

サバゲーも立派な運動です!!

経験したことある方が多いと思いますが
サバゲーはインドアでも想像以上に汗をかきます!
外フィールドは言わずもがな汗だくで炎天下を走り回りますので・・・

運動することによって体内に大量の熱が発生するため
日常生活よりも熱中症リスクが高まります。

もしお友達同士で遊ぶ場合などはどちらか一人でも熱中症対策や
環境や状態をみれる人がいると安全性はグッと上がります!

服装でも熱中症対策!!

スポーツの中でも熱中症になりやすいのが「野球」と言われています。
炎天下で行うスポーツにはそれぞれリスクがありますが
野球のユニフォームが長袖、重ね着であることや、チームスポーツで
自分のペースでの運動量の調整がしづらいことが原因ではないかと言われています。

サバゲーも決まったユニフォームはありませんが迷彩服があります!
夏場でも長袖、長ズボン、プレキャリなどを着てプレイする人もいらっしゃいます、通気性の悪い防具などは熱中症の原因になり得ます。

どうしても弾が当たると痛いのがサバイバルゲーム・・・
半袖半ズボンは抵抗があります・・・
ただ今は冷感タイプのインナーや、通気性のある服装もたくさんありますので
状況に合わせた装備、服装を選んで予防しましょう!

水分補給の仕方

熱中症対策でもただ単に水分補給すればいいわけではありません!
ただの水を飲むだけではかえって熱中症になりやすくする可能性もあるので
水分補給の仕方にも注意が必要です!

汗を大量にかくと、体内の水分とともに塩分やミネラルも奪われてしまいます。
そこに水分補給だけを行うと、血液中の塩分・ミネラル濃度(体内における塩分やミネラルの割合)が低くなり、様々な熱中症の症状が出現します。

水分と塩分の補給

熱中症が疑われるときは、ただ水分を補給するのではなく、塩分も一緒に補給することが重要です。
現在では経口補水液がコンビニで売られていたり、手早く塩分・糖分を一緒に補給できるスポーツドリンクなどによる水分補給もおすすめです。
ただし、カフェインの入った飲み物は利尿作用が強くなるので避けましょう。
ご自宅でも簡単に作ることができます。
目安として、1ℓの水に対して1~2gの食塩を加えます。
※500mlペットボトルの場合、約塩ひとつまみ

さらに、長時間のスポーツなどで失われた糖分を補い、エネルギーを補給するために砂糖などを加えると、水分や塩分の吸収が良くなる上に、疲労回復にもつながるのでより効果的です。
【熱中症シンポジウムで提示された経口補水液の作り方】

無理せず安全なサバゲーライフを!

ASOBIBAの各店舗にも塩タブレットを配置したり
セーフティーの温度管理を出来る限り行っておりますので
ご自身のペースでゲームにご参加いただければと思います。

今回参考にさせていただいた環境省から出ている情報サイトです。
より詳しい情報が知りたい方はこちらをご覧ください。
熱中症予防情報サイト

引き続き皆様が安全に楽しめるよう尽力いたしますので
今後ともASOBIBAをよろしくお願いします!