ホーム > ASOBIBA lite > 【サバゲーテク】ライフルを撃つ!サバゲー実戦テクニック集 ACT.3【基本編】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何だかんだで3回目を迎えました

こんにちは。YouTuberデビューがしたい武器商人 ちよDです。
今回で3回目になるサバゲー実戦テクニック集、過去にはこんな記事がありました。

【サバゲーテク】イチから始める!サバゲー実戦テクニック集 ACT.1【超基本編】
【サバゲーテク】ハンドガンを撃つ!サバゲー実戦テクニック集 ACT.2【基本編】

前回でハンドガンの撃ち方について説明したら今回はコレでしょう。
サバイバルゲームの主役、アサルトライフルをはじめとする長物の撃ち方。
まず撃ち方を解説する前に、長物の利点について触れてみたいと思います。

◆ハンドガンとライフルってどう違うの?

一言で言うと有効射程が違います。
エアガンにおいて有効射程というのは、その銃で狙って当てられる、弾が勢いを保ったまま飛んでくれる距離のことを言います。 発射された弾はそのまま真っ直ぐに飛ぶ訳ではなく、次第に勢いを失って地面に落ちるようになっています。

「じゃあ上に向けて撃てばハンドガンでも遠くに飛ばせるじゃん!」と思った君。半分は正しい。
これは飛距離といいます。確かにナナメ上に向けて放水するようにバラ撒けば遠くまで飛ばすことはできますが、それ、狙えてる?どこに落ちるか分からない弾をムダに撃つだけになってない?

この「単純に玉が飛ぶ距離」を飛距離、「ちゃんと狙って当たる距離」を有効射程と分けて考えるようにしましょう。

ACT.2 基本編 ライフルの扱い方

という訳で早速触ってみましょう。

201803_lite_rifle_01

アサルトライフルは銃器の中で最も広く使われているカテゴリーの銃です。
ハンドガンよりも長い有効射程を持ち、フルオートとセミオートを使い分けられるのが特徴で、どんなフィールドでも戦うことが出来る、戦場の主役とも言えます。

◆アサルトライフルの構え方

201803_lite_rifle_02

※解説は右利きの場合です。
両手で持つのが基本です。右手はグリップを握り、左手でハンドガードを支えましょう。
グリップの握り方は前回のハンドガンの握り方を参考にして下さい。

身体は右手側の足を一歩引いてナナメ45度にし、肩の付け根の部分にストックの一番後ろを当て、右のほっぺたをストックの上に載せることで、サイトを覗くことができるようになります。
サイトはグリップを握っている手と同じ側(つまり右目)で覗きます。左目で覗こうとすると頭を極端に傾けてしまい、正確に狙えなくなってしまいます。

201803_lite_rifle_03

この際、写真のように肩にストックを載せてしまうと、いわゆる「ちょろいもんだぜ」状態になります。見た目にも何だか不恰好な上、右目でも頭を傾けないとサイトが覗けません。反動の無い電動ガンならともかく、ガスブローバックガンの場合は肩で反動を受け止めることができず、銃が暴れて戦うどころではありません。

201803_lite_rifle_04

また、このように小さめな銃はマグウェル(マガジンの差込口)を支えることでコンパクトに構えるのも良いでしょう。脇を締めると、そこで銃の重さを支えることができるようになるので、手だけでハンドガードを支えるよりも疲れないですよ。

◆アサルトライフルのサイト

アサルトライフルのサイトはザックリ分けて2種類のタイプが存在します。
「ノッチサイト」「ピープサイト」の二つを覚えておけば困ることはないでしょう。

201803_lite_rifle_05

「ノッチサイト」はハンドガンと同様、リアサイトの溝とフロントサイトの突起を揃えることで狙いを付けるものです。AK等によく見られるデザインで、比較的近くの目標をすばやく狙うのに向いています。

「ピープサイト」小さな穴を覗き、その穴の中心にフロントサイトの先端を合わせることで狙いを付けるものです。M4をはじめ、多くの軍用ライフルがこのデザインを採用しており、上下左右を合わせて精密に狙いを付けることができるようになっています。

◆サイトを覗く際の注意

「アサルトライフルの構え方」でも書きましたが、サイトを覗く時はグリップを握っている手と同じ側の目でサイトを覗きましょう。この際に片目だけで覗かず、両目を開けるように意識すると良いです。人間は横に並んだふたつの目で距離感を掴んでいるので、片目を閉じてしまうと自分と相手がどれだけ離れているのかが分からなくなってしまうだけでなく、回りの景色も見えなくなってしまいます。

右利きの場合右目でサイトを覗き、左目はそのまま向こうの景色を見るようにすると、目の前にぼんやりとサイトが浮かび上がったような状態になり、周りの景色を見たまま目の前の相手を狙う、といったことが出来るようになるので、両目で覗くクセを付けるようにしましょう。

文章で説明すると難しいですが、実際に指で輪っかと棒(ピープサイト)を作って試してみるとイイですよ。習うより慣れよ、です。

◆まとめ

アサルトライフルをはじめとする長物は、その重さを補ってあまりある性能を持っています。
山や森といったアウトドアフィールドの場合、実際に撃ち合う距離はインドアよりも遥かに遠くなるため、今後インドアだけでなく様々なフィールドで遊びたい、という方はいずれ必要になってくる装備の一つです。

でも重い装備はイヤ、長いとかさばる…
永遠にサバゲーマーを悩ませる問題ですよね。初めて長物を持つなら尚更です。
その中で始めの一本をチョイスするのであれば、なるべく短く軽いものを選ぶのが良いです。

コレ何でかって言うと、長くて困ることはあっても、短くて困ることは無いからです。
外でも十分戦える射程距離を持ち、インドアでも邪魔にならない長さのライフルを一丁持っていれば、基本的にどんなフィールドでも遊べるようになるので使い回しが利くんですね。

◆ぶっちゃけ何選べばいい?

コルト M933コマンド
東京マルイ No.89 M933コマンド 18歳以上スタンダード電動ガン
扱いやすいデザインとサイズ。体格に合わせてストックを伸び縮みできます。
様々なカスタムパーツが出ており、将来性もバツグンです。

AK47 βスペツナズ
東京マルイ No.69 AK47βスペツナズ 18歳以上スタンダード電動ガン

操作が簡単で、最初から多弾数マガジンが付属してます。
伸縮機能はありませんがその分非常に頑丈です。

H&K G36C
東京マルイ No.74 H&K G36C 18歳以上スタンダード電動ガン

元々十分に短いですが、ストックを折りたたむことで、リュックにも入る大きさに縮めることができます。

この辺りがクセが無く最初の一丁に良いでしょう。

勿論「重い銃だって気にしないぜ!俺は俺の好きな銃が使いたいんだ!」という方は、心の赴くままに銃を選んでみて下さい。何より自分が好きな銃、それが一番使ってて楽しい筈ですから。

性能で選ぶもよし、見た目や思い入れで選ぶもよし。
長物を手に入れるとサバゲの世界がグッと広がりますよ!

※記事内の写真は全て安全を確認した上で撮影しています。

◆ちよDの過去記事はこちら

【サバゲー×映画】知ってた?実は元ネタのある「スター・ウォーズ」の銃たち
【サバゲーテク】ハンドガンを撃つ!サバゲー実戦テクニック集 ACT.2【基本編】
【イベントレポート】ミリタリーの祭典!1/6、7開催『ビクトリーショー』に潜入!
【サバゲーテク】イチから始める!サバゲー実戦テクニック集 ACT.1【超基本編】

あなたにオススメのフィールド情報