ホーム > ASOBIBA lite > 【サバゲー×暗闇】秋の夜長には読書…じゃなくて夜戦でしょ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、スタッフのフルカワです。

今回は暗闇でサバゲーを遊ぶ「夜間戦闘」、略して「夜戦」の楽しみ方をオススメします!

■夜戦って何?

ナイトゲーム、ナイト戦とも呼ばれますが、夜間の屋外フィールド、照明を落とした屋内フィールドで行われる暗闇でのサバゲーの事です。

暗いので敵の姿が見えづらく、普段の戦い方とは違う動き方が求められます。
明るい場所でのゲームよりスリルもあるので、ホラー映画やゲームが好きな方なら、サバゲー初めてでも楽しめちゃいます!

■夜戦で役立つアイテム紹介

・トレーサー

銃のマズル(先端)部分に取り付けて蓄光素材のBB弾を光らせることができるアイテムです!
光る弾を発射できるので、暗闇でも自分の弾がどこに飛んでいるかわかる優れもの!

明るい場所で使っても弾道がわかりやすいので、銃の調整をする時にも便利です。

屋外の夜戦を遊ぶときは土に還るバイオ蓄光弾を使いましょう!

弾が光る様子はこちらの動画をご覧ください!

ASOBIBA池袋店ならトレーサーが無料でレンタルできちゃいますよ!

・タクティカルライト

東京マルイ No.169 CQ-FLASH ブラック

暗ければ明るくすれば良いのです!
というわけでライトは夜戦でかなり使えます!

敵を探し出す索敵や、ライトを照らして「ここにいるぞ〜( ´∀`)」とアピールすることで陽動もできます!
*目くらましや、ストロボなど相手の目にダメージを与えるような使い方はASOBIBAでは禁止です。レギュレーションを参照ください

 

■そこまで役に立たないけど使うとテンションが上がるアイテム

・ナイトビジョン

夜戦と聞いてまず真っ先に思い浮かぶのはこのナイトビジョンではないでしょうか?

ですがこちらのナイトビジョン、残念ながらサバゲーでの使用に耐えられるものを買うとなるとめちゃくちゃお高いのです(ウン十万の世界)。。。
また、ナイトビジョンを装着した状態で強い光を照らされると目にダメージを受けてしまう場合もあるため、ダミーを装着するに留めておいた方が良さそうです…。
*ASOBIBAではフリー参加戦、貸切を含め、ご使用いただけません。ダミーならOK!

・ナイトカモの戦闘服

上記のナイトビジョンに対抗するために開発された迷彩、それがナイトカモです!

ナイトビジョンを通して見た時の迷彩効果を考えて作られたものなのですが、ナイトビジョンを使う相手がいなければただのおしゃれな迷彩…。
普通に黒か、黒に近いグレーの服の方が身を隠せます。

格子柄に細かいドットがランダムに入っていて、着物にもできそうなデザインです。
普通におしゃれなので、筆者は迷彩の中で一番好きかもしれません。

 

■夜戦で役立つ戦い方

・匍匐前進

割とネタだと捉えられがちですが、匍匐前進は暗いところでめっちゃ役に立ちます。
ただでさえ相手の姿が見えづらいのに、匍匐前進で移動されると「いつの間にそんなとこにおんねん!」と敵がワープしてきたかのように感じます。

BB弾を踏むと肘と膝へのダメージがやばいので匍匐前進をするときはニーパッドとエルボーパッドの装着は強く推奨いたします。

・声を全く発さない(からの→)めっちゃ声出す 

サバゲーでは仲間とのコミュニケーションがものすごく重要になります。
特にASOBIBAのようなインドアフィールドでは味方との連携はより大事です。

が、暗闇でのゲームでは隠密行動も重要になります。

あらかじめチームメイトとざっくり作戦を立てておき、戦闘序盤はしんと声を潜め、一人一人確実に敵を倒していきます。
そして相手チームの人数をある程度減らしたら一転、大きな声で「〇〇に行ったぞ!」「〇〇の後ろに何人!」などと仲間とコミュニケーションを取りましょう。

筆者は一度これをやられたことがありますが、敵に囲まれてる感覚が怖すぎて当たってないのにヒットコールして出ました。
(敵の基地から逃げる主人公感を味わえて楽しかったです)

 

いかがでしたか?

ご紹介した通り、夜戦には色々な楽しみ方があります!
ですが暗い分、転倒やフレンドリーファイア(味方撃ち)、オーバーキルも起こりやすいゲームと言えます。

遊ぶ時にはマナーと安全を守って、楽しんでいただければと思います。

ASOBIBA池袋店はご紹介したトレーサーを無料でレンタルしています!
フィールドも全体的に薄暗いので、気軽に夜戦を楽しみたい方はぜひ遊びにきてくださいね!

それでは最後に、匍匐前進をして遊ぶわんちゃんの動画をお送りして終わりたいと思います。
みなさん、良いサバゲーライフを!

あなたにオススメのフィールド情報