採用情報 - 社員紹介

ASOBIBAでは共に働く仲間を募集しています。けれど…
まずは、ASOBIBAの仲間を知ってください!



STAFF #01 Shozaki Toru

■仕事内容を教えてください
私はASOBIBA全体の広報として、自社のプロモーションに関すること全般は一通り担当しております。
幸いにもテレビや雑誌、WEBメディアからの取材依頼も多く頂いているので、その取材対応を基本としておりますが、それだけでは話題を作ることが難しいので、他社とのコラボレーションやイベント企画にチカラを入れています。
例えば『バイオハザード』のようなゲームタイトルとのコラボや、映画とのタイアップイベントの運営、タカラトミーのゴム鉄砲の新発売プロモーション企画のお手伝いなど、現在のASOBIBAの店舗を使ったプロモーション企画をたてたり、『ASOBIBA AQUA』や『カラーガン』といったような屋外での水鉄砲を使ったイベント企画まで、何でもやっています。
アイデアを考えて、コラボしたい先に突撃して、提案をしてOKをもらったら告知から運営マニュアルまで落とし込んで、当日現場で走り回る・・・などなど周りに相談しながらですが、とりあえず全部自分でやりますね。水鉄砲イベントについては会場の草刈りまでやりますから笑。
まだまだ若くて小さな会社なので、待っていてもチャンスは転がってきません。どんどん自分からアプローチをしていくことが大事だと思ってるので、思いついたら即実行を心がけています。

■仕事のやりがいを教えてください
自分で考えたことを世の中に投じて、お客様からの反応がダイレクトに返ってくるのがおもしろいですね。
前職ではクライアントの思いをどう形にするか、というところで悩んでいたのですが、ASOBIBAではエゴ全開で自分のやりたいことをやってます。自分の面白いと思ったことを面白いと言ってもらえる。それがやりがいでしょうか。

■いまはまっている「遊び」を教えてください
「遊び」とはちょっと違うかもしれませんが、お料理会にハマってます。レンタルキッチンとかを借りて、みんなでテーマを決めて料理をするんです。それぞれで知り合いを呼んで人を集めるので、初対面の人も多いんですけど、お酒を飲みながら一緒に料理を作ってたらすぐに仲良くなれますよ。居酒屋に行くよりもリーズナブルですし笑
あとはボードゲームの「ブロックス」!20秒で分かる単純なルールなんですが、奥が深い!相手との心理戦の要素も大きいので、信じて裏切られてがあるのが面白いんです。お酒を飲みながらやると、なお楽しいです。
なんだか部屋でお酒飲んでばっかりですね。大丈夫ですか、これ?

■どんな人とASOBIBAで一緒に働きたいですか?
こんなことを皆でやりたいんだ!という強い思いがある人と仕事がしたいですね。その気概があればスキルは後からついてきますし、自分が出来なければ誰かを頼っちゃえばいいと思うんです。でも他人を動かすだけの熱意がなければそれも出来ないので。まずはその気概が一番大事ですね。
あとは人が好きな人であることは絶対です。ASOBIBAは「自分が楽しいと思ったことを他の人も巻き込んで楽しみたい!」というのが理念の根っこにあります。なので楽しいことはみんなとやらないと気が済まない、という人である必要があります。



STAFF #02 Furukawa Sachio

■所属店舗の紹介:
ASOBIBA桜木町店は、横浜の桜木町駅から徒歩5分ほどの距離にある「ちぇるる野毛」という商業施設の中にあります。研究所をイメージしたフィールド内には、監視モニターや生首などが設置されていて、怪しい雰囲気を醸し出しています。夜一人でフィールドに入ると未だに生首にびっくりします。

■仕事内容を教えてください
マネージャーの仕事として、人やお金の管理など、お店を運営するうえで必要な事はひと通りやります。他にも季節ごとに店舗イベントを企画したり、企画したイベントを宣伝したり…とにかくお客さんをお店に集めるために色々な事をやっています。
一例を挙げますと、コスプレをしてサバゲーを楽しみたい方をターゲットに、近隣のアニソンカフェとのコラボイベントを行い、コスプレ優待や、割引券の配布などを行いました。
当日はコスプレをされている方ばかりではなく、サバゲー初心者の方など、大勢の方に興味を持って来ていただきました。ご来店いただいたコスプレイヤーの方同士のコミュニティ形成の瞬間を目の当たりにし、このイベントを開催して良かった!と思いました。
ASOBIBAはお客様にとって遊び場、楽しい場を提供しているので、お店の雰囲気づくりにも気を配っています。

■仕事のやりがいを教えてください
ASOBIBAに就職する前は、美術作家を目指して活動していたのですが、作品をのコンセプトなどを整理するために毎回企画書を書いていました。
その経験がASOBIBAでイベントを企画する際にも生きています。
自分の作品の企画を作る時は「自分」を鑑賞する人にいかに伝えるかを考えていましたが、今は「人」が何を求めているかを考えて、企画を作っています。
自分が企画したイベントにお客様が来てくれる事。また、桜木町店で遊んでくださった事をきっかけに、お客様同士のコミュニティの輪が広がっていくことにやりがいを感じます。

■いまはまっている「遊び」を教えてください
最近は深夜の散歩にはまっています。職場や自宅のまわりには飲み屋さんがたくさんあるので、夜中にウロウロとはしごするのが楽しいです。飲み屋さんで知り合った方がそのままASOBIBAのお客様になる事もあるので、遊びがいがあります!

■どんな人とASOBIBAで一緒に働きたいですか?
自分の夢を持っている事はもちろん、自分の知らない世界をたくさん知っている人、常に前向きに物事を考えられる人と一緒に働きたいです。



STAFF #03 Takeda Syo

■所属店舗の紹介:
ASOBIBA新木場店は、ASOBIBA唯一の2階構造フィールドとなっており店内装飾、フィールド設計、バリケード配置など、どの店舗よりもこだわりを持って創っていますのでフィールドとして自信を持っています。
あと新木場店は悪の組織BB団のアジトとなっており店舗に来て頂くとBB団の連中がうろついています。

■仕事内容を教えてください
新木場店の店舗運営から人材教育をしています。
毎月のイベントを企画、立案したり、バリケード配置を変更したりなどお客様を飽きさせない試みをしています。後はやはり店舗の売上を上げるために毎日四苦八苦しています。
BB団はどんな奴らなのか不安で新木場に来てくれていない可能性を考えてBB団に秋葉原店や桜木町店をジャックさせるということもやりました。
実際に人気店舗にいくことによりBB団の認知度が上がり新木場にも来てくれる方が大勢いました。
後はサバイバルゲームフィールドという概念を壊してサバゲーを一切せずボードゲームやトランプなどで順位をつけて遊ぶ「遊戯王」というイベントもやりましたね!!笑
ボツになった企画は数知れずあります!!笑

■仕事のやりがいを教えてください
お客様に喜んで頂きお店のリピーターになってもらったときですかね!!
「遊戯王」イベントからわかるように基本的には想像力をもってしっかり訴えればチャレンジさせてくれるのでやりがいはどこにでもありますね。
基本的にデザインなど創造性をもって作ることが好きなので今の概念にとらわれないイベントを企画・実行していくことが楽しくてしょうがないです。

■いまはまっている「遊び」を教えてください
わたしの場合は仕事で遊んでますね!!笑
サバゲーに全然関係ないただ雑談してるだけの動画を撮影して配信したり、サバゲーフィールドなのにサバゲーしない日DAYとしてその日は来店してくれた方とボードゲームだけして終わる日というイベントを設定したり、、、笑
基本的に今日はお客様と何して遊ぼう??と考えています!!笑

■どんな人とASOBIBAで一緒に働きたいですか?
想像力をもってそれを即時実行してくれる行動力がある方です。
私自身変に型にハマってしまっているのでみんなが驚くようなことを考え実行できる方と一緒に働きたいです。
後は良い意味で周りを巻き込んでくれる方ですかね!!
私自身周りを巻き込むことが苦手なので巻き込んで色々実行してくれる方を参考にさせて頂きたいです。