ホーム > フィールド一覧 > 【プレゼント】映画「ウインド・リバー」公開記念キャンペーン!フォロー&リツイートで劇場鑑賞券ゲット!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第70回 カンヌ国際映画祭<ある視点部門>監督賞受賞作品『ウインド・リバー』の7月27日(金)全国ロードショーを記念して、15組30名様へ劇場鑑賞券をプレゼント!

応募期間:2018年7月11日(水)~7月23日(月)
当選発表:7月24日(火)
■ 応募方法:
1.ASOBIBA Twitterアカウントをフォロー
2.キャンペーン告知ツイートをリツイート(RT)するだけ!
3.抽選で『ウインド・リバー』劇場鑑賞券を15組30名様にプレゼント

Twitterキャンペーン注意事項

※Twitterアカウントを非公開にしている場合リツイートを確認することができないため、応募対象外となります。
※ご当選時にTwitterのアカウントを削除されている場合や、フォローを外されていますと対象外となります。
※応募者全員の中から厳正な抽選のうえ、当選者を決定します。当選はTwitterのメッセージにてご連絡、郵送にて商品をお送りします。(ダイレクトメッセージを受信する設定にして下さい)
※当選権利の換金、他人への譲渡はできません。
※抽選結果に関してのお問い合わせにはお答えできかねます。あらかじめご了承ください。

『ボーダーライン』のテイラー・シェリダンがメガホンを執った
圧倒的な緊迫感と衝撃がみなぎるクライム・サスペンス

なぜ、この土地(ウインド・リバー)では少女ばかりが殺されるのかーー

 アメリカ中西部・ワイオミング州のネイティブアメリカンの保留地ウインド・リバー。その深い雪に閉ざされた山岳地帯で、ネイティブアメリカンの少女の死体が見つかった。第一発見者となった野生生物局の白人ハンター、コリー・ランバート(ジェレミー・レナー)は、血を吐いた状態で凍りついたその少女が、自らの娘エミリーの親友であるナタリー(ケルシー・アスビル)だと知って胸を締めつけられる。
コリーは、部族警察長ベン(グラハム・グリーン)とともにFBIの到着を待つが、視界不良の猛吹雪に見舞われ、予定より大幅に遅れてやってきたのは新米の女性捜査官ジェーン・バナー(エリザベス・オルセン)ひとりだけだった。


死体発見現場に案内されたジェーンは、あまりにも不可解な状況に驚く。現場から5キロ圏内には民家がひとつもなく、ナタリーはなぜか薄着で裸足だった。前夜の気温は約マイナス30度。肺が凍って破裂するほどの極限の冷気を吸い込みながら、なぜナタリーは雪原を走って息絶えたのかーー